豆知識

豆知識第五弾!ベストについて

  • LINEで送る
eyecatch6

シリーズも五回目になりました。上野です。

 

前回シャツを紹介した際も書きましたがシャツは本来下着です。なのであまりジャケットを脱ぎシャツ一枚にはならない方が良いのですが、この夏場それでは暑すぎたりもするでしょう。

ベストがあれば脱いだ時も様になります。

…ということで今回はベストの紹介をしたいと思います!

 

 

17世紀に誕生したジャケット、ベスト、スラックスの3点が一式となった現代の3ピーススーツの中でも最も長い間姿を変えていないのがベストです。
当時の国王が服装を統一させるために打ち出したベスト付きのスリーピースが、今でもイギリスのブリティッシュスタイルとして継承されています。
今では袖がないベストが当たり前ですが、実はこの頃のベストには袖がありました。
その後、18世紀に入り上着が細身になるのに伴い、ベストは袖なしに変化していきました。
日本では西洋文化が流入し始めた幕末期から明治時代に、スーツが着用されるようになっていったといわれています。

 

 

img1

ベストのサイズ選びは少しきついぐらいがベストです!
肩巾、ウエスト、着丈など気を付けるところは多々ありますが、最も気を付けたいのが着丈です。
境目が見えない丈のものが良いです。ジャケットと同様、ベストもジャストサイズのものをチョイスしましょう。

縦のラインが強調され、フィット感がある生地で仕立てているため体が引き締まって見え、スタイルも良くみえます!

 

 

いmg4

ジャケットにも「アンボタンマナー」というものがあるように、ベストにも同様のマナーがあります。
アンボタンマナーとは”一番下のボタンは留めない”というビジネスマンには知っておく必要があるマナーです。
一番下のボタンを留めない理由は、シワが入ったり型が崩れてしまうのを防ぐためです。
型が崩れてしまったりシワが入ってしまうと、せっかくのベスト姿も台無しになってしまうので気を付けましょう!

 

色はグレー、ネイビー等の色が無難です。ストライプだとやせて見えるかもしれませんね。

 

 

img2

また、背中の尾錠で少しであれば調節可能です。

しっかりと締め、座ったり動く際は程よく緩むので適度に調節してより美しいシルエットにしましょう!

 

 

いかがだったでしょうか?

個人的にベストはかっこよくてとてもいいなと思います。

オーダーなどの個性的な布のベストも一味違うかっこよさがありますね。

 

少しでも興味を持っていただけましたら幸いです。

また次回!!

 

 

ザザグループの就活相談LINEやってます。
着こなし相談や就活に関する質問などお気軽にお問い合わせください。
友だち追加
  • LINEで送る